ナンパで警察にキャッチと勘違いされる

ナンパをしていると警察にキャッチと勘違いされることがある



繁華街なんかでナンパをしていると、警察に夜の仕事(風俗やキャバクラ)のキャッチと勘違いをされて、職務質問をされることがあります。


なぜなら繁華街の多くは、条例により街頭でのキャッチセールスが禁止されているからです。


そんなこともあり、警察は繁華街でのキャッチセールスに日々目を光らせています。


仮にナンパの最中に職務質問をされても、ただのナンパであることをキッチリと説明をすれば、警察の御用になることはありません。


そうは言っても警察の監視下でナンパをするのは、気持ちの良いものではありません。


誰にも邪魔をされない場所でナンパをするからこそ、最大限力を発揮できるのです。


ナンパをしやすい環境に身を置くことは、ナンパを成功させるためには大切なことです。