女性に期限を設けてあげる

期限を設けてあげる



女性をナンパする場合は、「何時までには帰す」という期限を設けてあげることで、ナンパ成功率を高くすることができます。


なぜなら、女性が男性のナンパになかなか応じてくれないのは、ナンパをしてくるような男性に警戒心を持っているからです。


ほとんどの女性は、「ナンパされた後で大量のお酒を飲まされて、酔ってホテルにでも連れてかれたらどうしよう・・・」と考えています。


もちろん、ナンパしたその日に女性をホテルに連れ込むことは、決して不可能ではありませんが、そのためにはまずは女性の警戒心を緩める必要があります。


例えば、声をかけた女性がナンパに応じるか躊躇しているようであれば、「終電までには帰すよ」とか、「23時までには帰すよ」のように、期限を設けてあげることで、女性に安心感を与えることができます。


最初は終電で帰るつもりだった女性が、ナンパしてきた男性と一緒に遊んでいるのが楽しくて、気が変わって朝まで遊んでくれたなんてことは、よくある話です。


ナンパはお互いの利害が一致しないと成立しません。


男性の都合にばかり合わせてナンパしていたら、本来引っかけることができる女性を逃しかねません。


できるだけ女性の都合を優先させて交渉をした方が、ナンパ成功率は高くなります。


ナンパに成功した後でも、女性との交渉はいくらでもできます。